2018年本屋大賞 1位 かがみの孤城 辻村深月さん 1~5位を紹介♪ミステリー・アート・エンタメ小説

毎年恒例、全国の書店員が一番売りたい本を選ぶ賞【本屋大賞】。
今年の本屋大賞は、1次投票を昨年2017年11月1日から本年1月4日まで行い、全国の504書店、665人の投票があったそうです!

【2018年本屋大賞】は4月10日、『辻村深月さん』(38)の『かがみの孤城』(ポプラ社)が1位に選ばれました♪

受賞作は、学校に行けなくなった中学生たちが鏡の向こう側の“願いがかなう城”に集められ、不思議な体験をするファンタジックな長編小説。
著者の『辻村さん』は、4度目のノミネートで受賞されました☆
授賞式で『辻村さん』は、作品について「子どもと、かつて子どもだった全ての人に向けて書いた」と語り、「(不登校の子を)こちらから迎えに行こうと私が伸ばした手を、全国の書店員が”一緒に迎えに行きましょう”と温かく握り返してくれた」と喜びを語っています。

2018年本屋大賞の1~5位を紹介していきます☆↓
※記事公開後に商品の価格や仕様など変動・変更になる可能性がありますので、サイト(画像クリックで商品販売ページが開きます☆)でぜひ、ご確認ください♪
第1位』はこちら♪↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かがみの孤城 (一般書) [ 辻村 深月 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/4/10時点)

あなたを、助けたい。
学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた。
なぜこの7人が、なぜこの場所に? すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作!

第2位』はこちら♪↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

盤上の向日葵 [ 柚月裕子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)

実業界の寵児で天才棋士。本当にお前が殺人犯なのか!?
埼玉県天木山山中で発見された白骨死体。遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが調査を開始した。それから四ヶ月、二人は厳冬の山形県天童市に降り立つ。向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦会場だ。世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とは!?
日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!

第3位』はこちら♪↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

屍人荘の殺人 [ 今村昌弘 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)

デビュー作にして前代未聞の3冠!
『このミステリーがすごい!2018年版』第1位、『週刊文春』ミステリーベスト第1位、『2018本格ミステリ・ベスト10』第1位。
神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。緊張と混乱の一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった……!! 究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!
奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!

第4位』はこちら♪↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たゆたえども沈まず [ 原田マハ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)

誰も知らない、ゴッホの真実。
天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。
1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出す。
『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者によるアート小説の最高傑作、誕生!

第5位』はこちら♪↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AX アックス [ 伊坂 幸太郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)

最強の殺し屋は―――恐妻家。「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。
兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。
『伊坂幸太郎』氏の史上最強エンタメ小説『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる殺し屋シリーズ最新作!書き下ろし2篇を加えた計5篇。

詳細は本屋大賞公式サイトで公開されています☆6位~も魅力的な作品が目白押しなのでぜひ、チェックしてくださいね♪↓
>>『本屋大賞』公式サイトはこちら!

タイトルとURLをコピーしました